宇宙仮面の
C# Programming

 
Image

開発環境を整える

開発する目的によって、使用する開発環境は違ってきます。Visual Studio もいろいろなエディションがあるのでまとめておきます。

Image

勉学・趣味が目的の初心者

はじめて Visual Studio や C#を勉強して、Windows アプリケーションや Web アプリケーションを作ってみたいという場合には、Express Editionで十分です。一つ上の VS 2005 Standard Edition がありますが、まずはExpress Editionを試してみましょう。Standard Edition を買うのは、その後で十分です。それぞれの機能については、VS 2005 Standard / Express の機能比較をご覧ください。

目的 お勧めのエディション

C#の勉強をしたい。

Express Edition

Windows アプリケーションを作りたい。

Express Edition

Web アプリケーションを作りたい。

Web アプリケーションだけであれば、Visual Web Developer 2005 Express Edition

タダで開発環境をゲットするには、→ Microsoft Visual Studio Express Edition 無償ダウロード

あとは、C# 入門用書籍 (Amazon) から自分に合った書籍を選びましょう。

Image

勉学・趣味が目的の中・上級者

中・上級の方でも、Express Edition でかなりのことができるはずです。しかし、モバイルアプリを開発したい場合には、Express Edition では対応していないというように、技術領域によりどのエディションを使用すべきか、変わってきます。

目的 お勧めのエディション
Windows アプリケーション
Webアプリケーション
モバイルアプリケーション
64ビットアプリケーション
モバイル、64ビットは、Standard Edition以上になります。
SQL サーバーアプリケーション Express Editionでは、ローカルのデータアクセスしかできません。本格的に開発しようと思うと、Standard Edition以上が必要になってきます。

 

価格は、結構ピンキリなので、Amazon の Visual Studio 2005 スタンダード〜プロフェッショナルでチェック してみてください。開発用の OSライセンスや、最新のソフトウェアで開発する必要がある場合は、MSDN サブスクリプション付きにしたほうが、結果的に安くなることがあるので、with MSDN も検討してみる価値はあります。

あとは、Amazon の C# 〜応用向け書籍ASP.NET 関連書籍SQL Server 関連書籍 から自分に合った書籍を選びましょう。

Image

業務開発

数人の小規模開発であれば、Visual Studio 2005 スタンダード〜プロフェッショナルで十分だと思います。

これに加えて、with MSDN Professional / Premium があります。with MSDN だと、製品の最新版が定期的に提供されるとともに、旧バージョンの多くも MSDN サブスクライバ ダウンロードから入手することができます。開発用の OSライセンスや、最新のソフトウェアで開発する必要がある場合は、MSDN サブスクリプション付きにしたほうが、結果的に安くなることがあるので、with MSDN も検討してみる価値はあります。

目的 お勧めのエディション
小規模開発 MSDN なし

MSDN 付

中-大規模開発 Team Edition
Team Suite

Team Foundation Server

価格は、Amazon の Visual Studio 2005 Team_EditionVisual Studio 2005 Team_Suiteでチェック してみてください。 このクラスになると、MSDN付きが一般的になってくると思いますが、ウン十万円でバカ高いです。普通は法人でないと買えないと思います。

このクラスになってくると、Amazon の C# 〜応用向け書籍ASP.NET 関連書籍SQL Server 関連書籍 だと物足りなくなってくると思います。場合によっては洋書も検討する必要があるでしょう。