宇宙仮面の
C# Programming

 
Image

シンプルなウェブブラウザーを作る

開発環境: Visual Studio 2003 

1.目次

2.目的

シンプルなウェブブラウザーを作ります。

Image

 

注意
この例では、AxWebBrowserを使用していますが、このコンポーネントを使うためには、Microsoft.mshtml.dllアセンブリが必要です。このファイルがないと、ファイルまたはアセンブリ名 Microsoft.mshtml、またはその依存関係の1つが見つかりませんでした。というエラーになってしまいます。.NET SDKやVS.NETをインストールしてください。

3.参考書

(1) MSDN: WebBrowser Control
(2) マイクロソフト サポート技術情報 - 163282 WebBrowser コントロールでの [進む] と [戻る] ボタンの使い方

4.シンプルなウェブブラウザーの作り方

Visual Studio 2005 Whidbey では、次の図のように、WebBrowser コンポーネントが標準でサポートされます。
これ以外にも結構パワーアップしているので、早くリリースして欲しいなぁ。
でも、Visual Studio 2003 でも、ウェブブラウザーを比較的簡単に使うことができます。
ここでは、その作り方を説明します。

Visual Studio 2005 では、WebBrowser が標準でツールバーに入る。↓

Image


(1) ウェブブラウザーコントロールをツールバーに追加する。
ウェブブラウザーは、標準で持ってますが、ツールバーにはデフォルトで表示されません。
そこで、まずツールバーに追加します。
ツールバーで右クリック⇒アイテムの追加と削除を選択します。
次のような「ツールボックスのカスタマイズダイアログが表示されますので、COMコンポーネントタグから「Microsoft Web Browser」のチェックボックスをクリックし、追加します。すると、ツールボックスに下図のように地球のアイコンのコントロールが追加されます。

Image

(2)コントロールの配置
つぎに、Windows.Forms 上にコントロールをドラッグアンドドロップします。
さらに、次にようなブラウズするために最低限必要なコンポーネントを配置します。
これらのデザインは、問題ないと思います。

コントロールの配置
URLを入力するための ComboBox
「戻る」、「進む」、「中止」、「表示」 、「更新」のための ToolBar
ToolBar にビットマップを表示するための ImageList
ステータスを表示するための StatusBar


Image

(3)ブラウザを操作するメソッドの追加
ブラウザを操作するために必要な「戻る」、「進む」、「中止」、「移動」、「更新」のためのプライベートメソッドを追加します。
コードはいたって簡単です。

ブラウズするときの基本的なプライベートメソッドを追加する
        /// 
        /// 移動する
        /// 
        private void go()
        {                   
            object url = this.comboBox1.Text;
            object flags = null;
            object targetFrame = null;
            object postData = null;
            object header = null;
            this.axWebBrowser1.Navigate2(ref url, ref flags, ref targetFrame, ref postData, ref header);    
        }

        /// 
        /// 中止
        /// 
        private void stop()
        {
            this.axWebBrowser1.Stop();        
        }

        /// 
        /// 進む
        /// 
        private void forward()
        {
            this.axWebBrowser1.GoForward();
        
        }

        /// 
        /// 戻る
        /// 
        private void back()
        {
            this.axWebBrowser1.GoBack();    
        }

        /// 
        /// 戻る
        /// 
        private void refresh()
        {
            // データがロードされていないときに呼び出すと、
            // TargetInvocationExceptionがあがるので、無視する。
            try
            {
                this.axWebBrowser1.Refresh2();    
            }
            catch 
            {
            }
        }

(4)ブラウズが完了したときに、後処理をするイベント処理を追加する
axWebBrowser1の 「DocumentComlete」イベントを追加し、次の2つのメソッドを呼び出すようにします。
- フォームにページタイトル、コンボボックスにURLを表示するDisplayPageInformation() メソッド。
- コンボボックスにURLを追加する insertUrl() メソッド。
さらに、そのメソッドの実体を実装します。

ブラウズが完了したときに、後処理をするイベント処理を追加する
        /// 
        /// ページの更新が終わった。
        /// 
        private void axWebBrowser1_DocumentComplete(object sender, AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_DocumentCompleteEvent e)
        {
            // フォームにページタイトル、コンボボックスにURLを表示する。
            displayPageInformation();
            // コンボボックスにURLを追加する。
            insertUrl();
        }

        /// 
        /// フォームにページタイトル、コンボボックスにURLを表示する。
        /// 
        private void displayPageInformation()
        {
            this.Text = this.axWebBrowser1.LocationName;
            this.comboBox1.Text = this.axWebBrowser1.LocationURL;
        }

        /// 
        /// コンボボックスにURLを追加する。
        /// 
        private void insertUrl()
        {
            // コンボボックスのURLと入力したURLが違うなら、追加する。
            if(comboBox1.Items.Count == 0 || (string)comboBox1.Items[0] != comboBox1.Text)
                comboBox1.Items.Insert(0, comboBox1.Text);
            // MaxDropDownItems より多い場合は、最後のものを削除する。
            if(comboBox1.Items.Count > comboBox1.MaxDropDownItems)
                comboBox1.Items.RemoveAt(comboBox1.Items.Count-1);
	}

(5)ブラウズ処理の実装
通常、ブラウズするきっかけは、次の3つがあります。ここでは、その3つのケースについて次のようにメソッドを追加します。     

ブラウズ処理の実装
URL を入力しリターンキーを押したとき
URL のコンボボックスで別のURLを選択しとき
移動ボタンを押したとき

ブラウズ処理の実装
        /// 
        /// ツールバーボタンを押した。
        /// 
        private void toolBar1_ButtonClick(object sender, System.Windows.Forms.ToolBarButtonClickEventArgs e)
        {
            if(e.Button == toolBarButtonBack)
                back();
            else if(e.Button == toolBarButtonForward)
                forward();
            else if(e.Button == toolBarButtonStop)
                stop();
            else if(e.Button == toolBarButtonNavigate)
                go();
            else if(e.Button == toolBarButtonRefresh)
                refresh();
        }

        /// 
        /// コンボボックスでリターンキーを押した。
        /// 
        private void comboBox1_KeyPress(object sender, System.Windows.Forms.KeyPressEventArgs e)
        {
            if(e.KeyChar == '\r')
            {
                // リターンを押したときの音を消す。
                e.Handled = true;
                // 移動する。
                go();
            }
        }

        /// 
        /// コンボボックスからURLを変更した。
        /// 
        private void comboBox1_SelectedIndexChanged(object sender, System.EventArgs e)
        {
            // 移動する。
            go();        
        }

(6) [進む] と [戻る] ボタンの処理を追加する。
WebBrowser コントロールを使う場合、ieと同じように [進む]、および[戻る]ボタンを有効あるいは無効にします。
このためには、どのタイミングで有効無効を切り替えるかと言う情報を知る必要があります。
この事に関しては、参考書(2)を参考にしてください。

まずは、[進む] と [戻る] ボタンをデフォルトで Enabled プロパティを false にします。
次に、WebBrowser コントロールの CommandStateChange イベントハンドラを追加し、
次のコードを追加します。

これで、進む、戻るボタンが使えるときだけ ボタンが Enabled になります。

ブラウズ処理の実装
        private void axWebBrowser1_CommandStateChange(object sender, AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_CommandStateChangeEvent e)
        {
            const uint CSC_UPDATECOMMANDS = 0xFFFFFFFF;
            const uint CSC_NAVIGATEFORWARD = 0x00000001;
            const uint CSC_NAVIGATEBACK = 0x00000002;

            switch((uint)e.command)
            {
                case CSC_NAVIGATEFORWARD:
                    this.toolBarButtonForward.Enabled = e.enable;
                    break;
                case CSC_NAVIGATEBACK:
                    this.toolBarButtonBack.Enabled = e.enable;
                    break;
            }
        }

(7)ステータスが変化したことをステータスバーに表示する機能を追加します。
StatusTextChangeイベントハンドラーを追加することにより、ステータスが変化したときのメッセージが
e.textに渡されてきます。これをステータスバーに表示することにより、InternetExplorerのステータスバーと
同様のメッセージを表示することができます。

ブラウズ処理の実装
        /// 
        /// ステータスが変化した。
        /// 
        /// 
        /// 
        private void axWebBrowser1_StatusTextChange(object sender, AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_StatusTextChangeEvent e)
        {
            this.statusBarPanel1.Text = e.text;
        }

このときの帰るメッセージは、次のような感じです。
 

ブラウズ処理の実装
サイト ukamen.hp.infoseek.co.jp を探しています
サイト 210.148.115.140 に接続しています
Web サイトが見つかりました。応答を待っています...
サイト http://ukamen.hp.infoseek.co.jp/ からのダウンロードを開始します
ページ http://ukamen.hp.infoseek.co.jp/ を開いています...
ページ http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=uchukamen-22&l=st1&search=C%23&mode=books-jp&p=14&o=9&f=ifr を開いています...
ページ http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=uchukamen-22&l=st1&search=C%23&mode=books-jp&p=14&o=9&f=ifr を開いています...
http://ukamen.hp.infoseek.co.jp/index.htm

http://... で始まるメッセージで、リンクの上にマウスが来たことを判断することもできます。
 

(8) 読み込んでいることをProgressBar で表示する機能を追加します。
ツールバーより、ProgressBar をメインの画面にドラッグ&ドロップします。
このとき、ProgressBarを右クリックして、最前面に配置してください。
最前面に配置しないと、他のコントロールに隠されて、表示できないことがあります。

次に、ProgressBar をステータスバーの中に表示するようにします。
この方法は、
http://ukamen.hp.infoseek.co.jp/Programming1/StatusBar/
を参考にしてください。

次に、axWebBrowser1 のProgressChange イベントハンドラーを追加します。
このProgressChangeイベントは、読み込み状況に応じて、e.progress (現在の読み込み量)、
e.progressMax(最大読み込み量)を返してくれます。
e.progressMaxは、同じ画面をロードしている最中でも値は一定ではないので注意してください。
この、progress、progressMax をプログレスバーのValue, MaximumにセットしてあげればOKです。

ブラウズ処理の実装
private void axWebBrowser1_ProgressChange(object sender, AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_ProgressChangeEvent e)
{
	this.progressBar1.Maximum = e.progressMax;
	this.progressBar1.Value = e.progress;
}

(9) その他のヒント

ヒント&チップス
ブラウズしたときのURLLocationURL に格納されます。
ファイルにアクセスした場合、Universal Naming Convention (UNC)が表示されるので、使う場合には注意。
ブラウズしたページのタイトルLocationName に格納されます。
ブラウズが完了したときを知る。DocumentCompleteイベントでわかります。しかし、フレームの場合、各フレームごとにイベントが発生します。
ブラウズ中busy プロパティでわかります。
<BODY> タグの中身を取り出したい。 http://groups.yahoo.co.jp/group/dotnet-csharp/message/1727

以上で、実行してみてください。
超簡単ウェブブラウザの出来上がり!
あとは、煮るなり焼くなり、お好きにどおぞ。

CommandStateChangeイベントハンドラーを追加する方法
.NET/C# Group で、どうやってCommandStateChangeイベントハンドラーを追加するのか?
という問い合わせ
がありましたので、少し詳しく説明します。

1.下図のようにaxWebBrowserを選択して、プロパティウィンドウを表示する。
2.プロパティウィンドウの稲妻マークを選択する。

Image


3.CommandStateChangeイベントをダブルクリックします。
4.すると、次のようなコードが自動的生成されて、コードウィンドウが開きます。
        private void axWebBrowser1_CommandStateChange(省略)
        {
            ....
        }
これがイベントハンドラーの処理部分です。
どこから呼ばれるかというと、コードの中で
『#region Windows フォーム デザイナで生成されたコード』という部分がありますが、その中を見ていくと、

this.axWebBrowser1.CommandStateChange +=
    new AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_CommandStateChangeEventHandler(省略)

というコードが自動的に追加されています。
この部分が、axWebBrowser1のCommandStateChangeイベントが発生したときに、
axWebBrowser1_CommandStateChange(...)というイベントハンドラーを呼び出すというコードです。

もし、ビジュアルデザイナーを使わないで作成する場合には、
次のように、自動作成してくれる部分もコーディングしなければなりません。

// ブラウザの変数を宣言する。
private AxSHDocVw.AxWebBrowser axWebBrowser1;

// ブラウザのインスタンス(実体)を new で作成する。
this.axWebBrowser1 = new AxSHDocVw.AxWebBrowser();

// ブラウザのインスタンス(実体)にイベントハンドラを追加する。
       this.axWebBrowser1.CommandStateChange +=
          new AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_CommandStateChangeEventHandler(省略)

// CommandStateChangeイベントが発生した場合の処理を実装する。
private void axWebBrowser1_CommandStateChange(省略)
{
     ここに処理を書く
}

5.シンプルなウェブブラウザーのソースコード

変更履歴
2005/1/24   ステータス表示を追加。
2005/1/18   ProgressBar処理を追加。
2004/6/13   進む、戻るボタンの Enabled 処理を追加。
2004/6/9   初版作成 

 

Form1.cs
using System;
using System.Drawing;
using System.Collections;
using System.ComponentModel;
using System.Windows.Forms;
using System.Data;

namespace WebBrowser1
{
    /// 
    /// Form1 の概要の説明です。
    /// 
    public class Form1 : System.Windows.Forms.Form
    {
        private AxSHDocVw.AxWebBrowser axWebBrowser1;
        private System.Windows.Forms.ComboBox comboBox1;
        private System.Windows.Forms.StatusBar statusBar1;
        private System.Windows.Forms.StatusBarPanel statusBarPanel1;
        private System.Windows.Forms.ToolBar toolBar1;
        private System.Windows.Forms.ToolBarButton toolBarButtonBack;
        private System.Windows.Forms.ToolBarButton toolBarButtonForward;
        private System.Windows.Forms.ToolBarButton toolBarButtonStop;
        private System.Windows.Forms.ToolBarButton toolBarButtonNavigate;
        private System.Windows.Forms.ImageList imageList1;
        private System.Windows.Forms.StatusBarPanel statusBarPanel2;
        private System.Windows.Forms.ProgressBar progressBar1;
        private System.Windows.Forms.Splitter splitter1;
        private System.Windows.Forms.ToolBarButton toolBarButtonRefresh;
        private System.ComponentModel.IContainer components;

        public Form1()
        {
            //
            // Windows フォーム デザイナ サポートに必要です。
            //
            InitializeComponent();

            //
            // TODO: InitializeComponent 呼び出しの後に、コンストラクタ コードを追加してください。
            //
        }

        /// 
        /// 使用されているリソースに後処理を実行します。
        /// 
        protected override void Dispose( bool disposing )
        {
            if( disposing )
            {
                if (components != null) 
                {
                    components.Dispose();
                }
            }
            base.Dispose( disposing );
        }

        #region Windows フォーム デザイナで生成されたコード 
        /// 
        /// デザイナ サポートに必要なメソッドです。このメソッドの内容を
        /// コード エディタで変更しないでください。
        /// 
        private void InitializeComponent()
        {
            this.components = new System.ComponentModel.Container();
            System.Resources.ResourceManager resources = new System.Resources.ResourceManager(typeof(Form1));
            this.axWebBrowser1 = new AxSHDocVw.AxWebBrowser();
            this.comboBox1 = new System.Windows.Forms.ComboBox();
            this.statusBar1 = new System.Windows.Forms.StatusBar();
            this.statusBarPanel1 = new System.Windows.Forms.StatusBarPanel();
            this.statusBarPanel2 = new System.Windows.Forms.StatusBarPanel();
            this.toolBar1 = new System.Windows.Forms.ToolBar();
            this.toolBarButtonBack = new System.Windows.Forms.ToolBarButton();
            this.toolBarButtonForward = new System.Windows.Forms.ToolBarButton();
            this.toolBarButtonStop = new System.Windows.Forms.ToolBarButton();
            this.toolBarButtonNavigate = new System.Windows.Forms.ToolBarButton();
            this.imageList1 = new System.Windows.Forms.ImageList(this.components);
            this.progressBar1 = new System.Windows.Forms.ProgressBar();
            this.splitter1 = new System.Windows.Forms.Splitter();
            this.toolBarButtonRefresh = new System.Windows.Forms.ToolBarButton();
            ((System.ComponentModel.ISupportInitialize)(this.axWebBrowser1)).BeginInit();
            ((System.ComponentModel.ISupportInitialize)(this.statusBarPanel1)).BeginInit();
            ((System.ComponentModel.ISupportInitialize)(this.statusBarPanel2)).BeginInit();
            this.SuspendLayout();
            // 
            // axWebBrowser1
            // 
            this.axWebBrowser1.Dock = System.Windows.Forms.DockStyle.Fill;
            this.axWebBrowser1.Enabled = true;
            this.axWebBrowser1.Location = new System.Drawing.Point(0, 51);
            this.axWebBrowser1.OcxState = ((System.Windows.Forms.AxHost.State)(resources.GetObject("axWebBrowser1.OcxState")));
            this.axWebBrowser1.Size = new System.Drawing.Size(400, 229);
            this.axWebBrowser1.TabIndex = 0;
            this.axWebBrowser1.StatusTextChange += new AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_StatusTextChangeEventHandler(this.axWebBrowser1_StatusTextChange);
            this.axWebBrowser1.CommandStateChange += new AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_CommandStateChangeEventHandler(this.axWebBrowser1_CommandStateChange);
            this.axWebBrowser1.DocumentComplete += new AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_DocumentCompleteEventHandler(this.axWebBrowser1_DocumentComplete);
            this.axWebBrowser1.ProgressChange += new AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_ProgressChangeEventHandler(this.axWebBrowser1_ProgressChange);
            // 
            // comboBox1
            // 
            this.comboBox1.Dock = System.Windows.Forms.DockStyle.Top;
            this.comboBox1.Location = new System.Drawing.Point(0, 28);
            this.comboBox1.Name = "comboBox1";
            this.comboBox1.Size = new System.Drawing.Size(400, 20);
            this.comboBox1.TabIndex = 2;
            this.comboBox1.Text = "http://ukamen.hp.infoseek.co.jp/";
            this.comboBox1.KeyPress += new System.Windows.Forms.KeyPressEventHandler(this.comboBox1_KeyPress);
            this.comboBox1.SelectedIndexChanged += new System.EventHandler(this.comboBox1_SelectedIndexChanged);
            // 
            // statusBar1
            // 
            this.statusBar1.Location = new System.Drawing.Point(0, 280);
            this.statusBar1.Name = "statusBar1";
            this.statusBar1.Panels.AddRange(new System.Windows.Forms.StatusBarPanel[] {
                                                                                          this.statusBarPanel1,
                                                                                          this.statusBarPanel2});
            this.statusBar1.ShowPanels = true;
            this.statusBar1.Size = new System.Drawing.Size(400, 22);
            this.statusBar1.TabIndex = 7;
            this.statusBar1.DrawItem += new System.Windows.Forms.StatusBarDrawItemEventHandler(this.statusBar1_DrawItem);
            // 
            // statusBarPanel1
            // 
            this.statusBarPanel1.AutoSize = System.Windows.Forms.StatusBarPanelAutoSize.Spring;
            this.statusBarPanel1.Width = 192;
            // 
            // statusBarPanel2
            // 
            this.statusBarPanel2.AutoSize = System.Windows.Forms.StatusBarPanelAutoSize.Spring;
            this.statusBarPanel2.Style = System.Windows.Forms.StatusBarPanelStyle.OwnerDraw;
            this.statusBarPanel2.Text = "statusBarPanel2";
            this.statusBarPanel2.Width = 192;
            // 
            // toolBar1
            // 
            this.toolBar1.Buttons.AddRange(new System.Windows.Forms.ToolBarButton[] {
                                                                                        this.toolBarButtonBack,
                                                                                        this.toolBarButtonForward,
                                                                                        this.toolBarButtonStop,
                                                                                        this.toolBarButtonNavigate,
                                                                                        this.toolBarButtonRefresh});
            this.toolBar1.DropDownArrows = true;
            this.toolBar1.ImageList = this.imageList1;
            this.toolBar1.Location = new System.Drawing.Point(0, 0);
            this.toolBar1.Name = "toolBar1";
            this.toolBar1.ShowToolTips = true;
            this.toolBar1.Size = new System.Drawing.Size(400, 28);
            this.toolBar1.TabIndex = 8;
            this.toolBar1.ButtonClick += new System.Windows.Forms.ToolBarButtonClickEventHandler(this.toolBar1_ButtonClick);
            // 
            // toolBarButtonBack
            // 
            this.toolBarButtonBack.Enabled = false;
            this.toolBarButtonBack.ImageIndex = 0;
            this.toolBarButtonBack.ToolTipText = "Back";
            // 
            // toolBarButtonForward
            // 
            this.toolBarButtonForward.Enabled = false;
            this.toolBarButtonForward.ImageIndex = 1;
            this.toolBarButtonForward.ToolTipText = "Forward";
            // 
            // toolBarButtonStop
            // 
            this.toolBarButtonStop.ImageIndex = 2;
            this.toolBarButtonStop.ToolTipText = "Stop";
            // 
            // toolBarButtonNavigate
            // 
            this.toolBarButtonNavigate.ImageIndex = 4;
            this.toolBarButtonNavigate.ToolTipText = "Go";
            // 
            // imageList1
            // 
            this.imageList1.ImageSize = new System.Drawing.Size(16, 16);
            this.imageList1.ImageStream = ((System.Windows.Forms.ImageListStreamer)(resources.GetObject("imageList1.ImageStream")));
            this.imageList1.TransparentColor = System.Drawing.Color.Transparent;
            // 
            // progressBar1
            // 
            this.progressBar1.Location = new System.Drawing.Point(264, 40);
            this.progressBar1.Name = "progressBar1";
            this.progressBar1.TabIndex = 9;
            // 
            // splitter1
            // 
            this.splitter1.Dock = System.Windows.Forms.DockStyle.Top;
            this.splitter1.Location = new System.Drawing.Point(0, 48);
            this.splitter1.Name = "splitter1";
            this.splitter1.Size = new System.Drawing.Size(400, 3);
            this.splitter1.TabIndex = 10;
            this.splitter1.TabStop = false;
            // 
            // toolBarButtonRefresh
            // 
            this.toolBarButtonRefresh.ImageIndex = 3;
            this.toolBarButtonRefresh.ToolTipText = "Refresh";
            // 
            // Form1
            // 
            this.AutoScaleBaseSize = new System.Drawing.Size(5, 12);
            this.ClientSize = new System.Drawing.Size(400, 302);
            this.Controls.Add(this.axWebBrowser1);
            this.Controls.Add(this.splitter1);
            this.Controls.Add(this.comboBox1);
            this.Controls.Add(this.toolBar1);
            this.Controls.Add(this.progressBar1);
            this.Controls.Add(this.statusBar1);
            this.Name = "Form1";
            this.Text = "シンプルブラウザ";
            ((System.ComponentModel.ISupportInitialize)(this.axWebBrowser1)).EndInit();
            ((System.ComponentModel.ISupportInitialize)(this.statusBarPanel1)).EndInit();
            ((System.ComponentModel.ISupportInitialize)(this.statusBarPanel2)).EndInit();
            this.ResumeLayout(false);

        }
        #endregion

        /// 
        /// アプリケーションのメイン エントリ ポイントです。
        /// 
        [STAThread]
        static void Main() 
        {
            Application.Run(new Form1());
        }

        /// 
        /// 移動する
        /// 
        private void go()
        {                   
            object url = this.comboBox1.Text;
            object flags = null;
            object targetFrame = null;
            object postData = null;
            object header = null;
            this.axWebBrowser1.Navigate2(ref url, ref flags, ref targetFrame, ref postData, ref header);    
        }

        /// 
        /// 中止
        /// 
        private void stop()
        {
            this.axWebBrowser1.Stop();        
        }

        /// 
        /// 進む
        /// 
        private void forward()
        {
            this.axWebBrowser1.GoForward();
        
        }

        /// 
        /// 戻る
        /// 
        private void back()
        {
            this.axWebBrowser1.GoBack();    
        }

        /// 
        /// 戻る
        /// 
        private void refresh()
        {
            // データがロードされていないときに呼び出すと、
            // TargetInvocationExceptionがあがるので、無視する。
            try
            {
                this.axWebBrowser1.Refresh2();    
            }
            catch 
            {
            }
        }

        /// 
        /// ページの更新が終わった。
        /// 
        private void axWebBrowser1_DocumentComplete(object sender, AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_DocumentCompleteEvent e)
        {
            // フォームにページタイトル、コンボボックスにURLを表示する。
            displayPageInformation();
            // コンボボックスにURLを追加する。
            insertUrl();
        }

        /// 
        /// フォームにページタイトル、コンボボックスにURLを表示する。
        /// 
        private void displayPageInformation()
        {
            this.Text = this.axWebBrowser1.LocationName;
            this.comboBox1.Text = this.axWebBrowser1.LocationURL;
        }

        /// 
        /// コンボボックスにURLを追加する。
        /// 
        private void insertUrl()
        {
            // コンボボックスのURLと入力したURLが違うなら、追加する。
            if(comboBox1.Items.Count == 0 || (string)comboBox1.Items[0] != comboBox1.Text)
                comboBox1.Items.Insert(0, comboBox1.Text);
            // MaxDropDownItems より多い場合は、最後のものを削除する。
            if(comboBox1.Items.Count > comboBox1.MaxDropDownItems)
                comboBox1.Items.RemoveAt(comboBox1.Items.Count-1);
        }

        /// 
        /// ツールバーボタンを押した。
        /// 
        private void toolBar1_ButtonClick(object sender, System.Windows.Forms.ToolBarButtonClickEventArgs e)
        {
            if(e.Button == toolBarButtonBack)
                back();
            else if(e.Button == toolBarButtonForward)
                forward();
            else if(e.Button == toolBarButtonStop)
                stop();
            else if(e.Button == toolBarButtonNavigate)
                go();
            else if(e.Button == toolBarButtonRefresh)
                refresh();
        }

        /// 
        /// コンボボックスでリターンキーを押した。
        /// 
        private void comboBox1_KeyPress(object sender, System.Windows.Forms.KeyPressEventArgs e)
        {
            if(e.KeyChar == '\r')
            {
                // リターンを押したときの音を消す。
                e.Handled = true;
                // 移動する。
                go();
            }
        }

        /// 
        /// コンボボックスからURLを変更した。
        /// 
        private void comboBox1_SelectedIndexChanged(object sender, System.EventArgs e)
        {
            // 移動する。
            go();        
        }

        private void axWebBrowser1_CommandStateChange(object sender, AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_CommandStateChangeEvent e)
        {
            const uint CSC_UPDATECOMMANDS = 0xFFFFFFFF;
            const uint CSC_NAVIGATEFORWARD = 0x00000001;
            const uint CSC_NAVIGATEBACK = 0x00000002;

            switch((uint)e.command)
            {
                case CSC_NAVIGATEFORWARD:
                    this.toolBarButtonForward.Enabled = e.enable;
                    break;
                case CSC_NAVIGATEBACK:
                    this.toolBarButtonBack.Enabled = e.enable;
                    break;
            }
        }

        /// 
        /// ProgressBarをStatusBar の statusBarPanel2 の中に表示する。
        /// 
        /// 
        /// 
        private void statusBar1_DrawItem(object sender, System.Windows.Forms.StatusBarDrawItemEventArgs sbdevent)
        {
            if (sbdevent.Panel == this.statusBarPanel2)
            {
                StatusBar sb = (StatusBar)sender;
                Rectangle rect = sbdevent.Bounds;
                this.progressBar1.SetBounds(sb.Location.X + rect.X, sb.Location.Y + rect.Y, 
                    rect.Width, rect.Height);
            }
        }

        /// 
        /// プログレスバーに、進度を表示する。
        /// 
        /// 
        /// 
        private void axWebBrowser1_ProgressChange(object sender, AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_ProgressChangeEvent e)
        {
            this.progressBar1.Maximum = e.progressMax;
            this.progressBar1.Value = e.progress;
        }

        /// 
        /// ステータスが変化した。
        /// 
        /// 
        /// 
        private void axWebBrowser1_StatusTextChange(object sender, AxSHDocVw.DWebBrowserEvents2_StatusTextChangeEvent e)
        {
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine(e.text);
            this.statusBarPanel1.Text = e.text;
        }
    }
}