Visual Studio Code + Python + opencv の環境メモ

OpenCV-Python を Windows でインストールする方法

前提として、次の場所にインストールしている。

  • D:\Program Files\Python37
  • D:\opencv
  • D:\ProgramData\Anaconda3

  1. Pythonをダウンロードして、インストールする
  2. Numpy を pip install numpyでインストール
  3. Matplotlib をpip install matplotlib でインストール。Matplotlib はオプショナルだが、チュートリアルでしばしば使われているため。
  4. import numpy を実行して、正常に動作することを確認
  5. OpenCV をインストール
  6. D:\opencv\build\python\cv2\python-2.7にある cv2.pyd をD:\Program Files\Python37\Lib\site-packages にコピーする
  7. Visual Studio CodeのPython terminalから、次のコマンドを実行し、確認
    >>> import cv2 as cv
    >>> print( cv.__version__ )

環境変数

  • D:\Program Files\Python37
  • D:\opencv\build\x64\vc15\bin
  • D:\ProgramData\Anaconda3\condabin
  • D:\ProgramData\Anaconda3\Library\bin

Visual Studio 2019 C++でOpenCV

How to build applications with OpenCV inside the “Microsoft Visual Studio” より

追加のインクルードディレクトリ C:\opencv\build\include
追加のライブラリディレクトリ C:\opencv\build\x64\vc15\lib

追加の依存ファイル  opencv_world410d.lib

このままだと、エラー LNK1112 モジュールのコンピューターの種類 ‘x64’ は対象コンピューターの種類 ‘x86’ と競合しています。となるので、次のように対象コンピュータをx64に設定する。

対象コンピューターを x64へ