Swift UIKit Localization

Menu > File > New > File…から、次のようにStrings Fileを選択し、プロジェクトに追加する。この時のファイル名は、”Localizable.strings” とする。ファイル名の先頭は、必ず大文字Lにする。そうしないと、Localizeされない。

“Localizable.strings” ファイルのコンテクストメニューから、”Show File Inspector” を選択し、English と Japanese を追加する。(下図参照)

コードでローカライズする場合は、次の通り。

storyboardをローカライズする場合は、PROJECT > Info > Localizations から、English, Japanese を追加する(下図参照)。

この時、”Interface Builder Storyboard” を選択する。そうすると、Interface Builderで、ローカライズ画面をデザインできる。

シミュレータのロケールは、Menu > Product > Scheme > Edit Schemeから、Application Language で選択する(下図参照)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です