.NET Compact Framework でサポートされていない機能

.Net Compact Framework で何かを作ろうとした際に、今まで当たり前に .NET Framework でできていたことが、できない設計になっているので、戸惑います。ここでは、その情報をまとめておきます。

 

GDI+

GDI+がサポートされていない。Region が使えないのは痛い。
Direct3Dはサポートされているがどこまでできるかは不明。

Method

オーバーライド 多くのメソッドオーバーライドができなくなっている。

コントロール

印刷系はばっさり。CrystalReportViewer, PageSetupDialog, PrintDialog, PrintDocument, PrintPreviewControl, PrintPreviewDialog
 

Binary シリアライズ

BinaryFormatter, SoapFormatterはサポートされない。
 

レジストリーアクセス

Microsoft.Win32.Registry 名前空間は使えない。Windows CE のレジストリは、Windows API経由でアクセスする。
 

COM

C++ でアンマネージドCOMを作成する。次に、PInvokeにより DLL のラッパーを作る。
 

セキュリティ

アンマネージドコードへのセキュリティは提供されない。どのアプリケーションでもシステムAPIにアクセス可能。
.NET Compact Framework はロールベースのセキュリティは提供しない。
 

リモーティング

リモーティングはサポートされていない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コントロール

印刷系はばっさり。CrystalReportViewer, PageSetupDialog, PrintDialog, PrintDocument, PrintPreviewControl, PrintPreviewDialog
コントロール自体同じ名前でも、中身がサポートされていない機能が結構ある。
たとえば、PictureBoxの OnPaint、Region もない。

XML

System.Xml.XPath namespace, XSLTなどがサポートされない。

Web Services

System.Web では、クライアントは作れるけどサービスは作れない。普通はそんなことしないので問題ない。

Database Support

ローカルデータベースとして SQL Server CE がサポートされる。SQL Server のクライアントとしてもOK。

 

 

 

 

 

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です