Visual Studio 2008 で、ASP.NET 開発サーバーが動かない原因判明

http://blogs.msdn.com/webdevtools/archive/2009/03/13/asp-net-web-development-server-stops-working.aspx

Visual Studio Web Developer Team Blog より、ASP.NET Web Development Server Stops Workingという記事を発見。

Windows Defender and Microsoft Forefront Client Security signature file (1.53.256.0) に対応するために、2009年3月9日 8:45 PM (PST) の対応で、ホストファイルから localhostが削除されている。

解決するためには、 C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

のエントリを次のように修正すればよい。

127.0.0.1       localhost

1.53.288.0での修正版がその直後の March 9, 2009  8:57 PM に出ているということで、それ以降は大丈夫みたいだけど。

で、hosts ファイルをみてみたら、

::1             localhost

となっている。IPV6?

とりあええず、これを

127.0.0.1       localhost

と修正して、無事復旧。

「Visual Studio 2008 で、ASP.NET 開発サーバーが動かない原因判明」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です