Visual Studio 2019 C++でOpenCV

How to build applications with OpenCV inside the “Microsoft Visual Studio” より

追加のインクルードディレクトリ C:\opencv\build\include
追加のライブラリディレクトリ C:\opencv\build\x64\vc15\lib

追加の依存ファイル  opencv_world410d.lib

このままだと、エラー LNK1112 モジュールのコンピューターの種類 ‘x64’ は対象コンピューターの種類 ‘x86’ と競合しています。となるので、次のように対象コンピュータをx64に設定する。

対象コンピューターを x64へ

opencv Video Tutorial

Getting Started with Videos より

実行結果

opencv のインストール

C:\opencv にインストール

pip install opencv-python でopencv をインストール。
pip install opencv-contrib-python で、opencvをインストール
f2py のPATHを追加してとメッセージが出ているが、FORTRANは使用しないので、無視。

pipの新しいバージョンがあるということで、python -m pip insatall -upgrade でアップグレードする。


WIndows Storeからインストールしたからか、 しかし、アクセス権がなくエラーとなる。
–user オプションを指定して、インストール実行。

Python のインストール

Microsoft Store からインストール

PATHの中に、次のファイルがインストールされており、PATHの設定は不要。
2019/7/17時点で、バージョンは 3.7.4 で、python.org の最新版と同じ。

test1.ps を作成すると、拡張機能 Pythonが推奨ということで、Pythonをインストール
実行結果。

Video 動き検出

<!DOCTYPE html>
<html lang=”en”>

<head>
<meta charset=”UTF-8″>
<meta name=”viewport” content=”width=device-width, initial-scale=1.0″>
<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”ie=edge”>
<title>Document</title>
<link rel=”stylesheet” href=”main.css” type=”text/css”>
</head>

<body>
<script language=”javascript”>

function stopVideo() {
console.log(“stopVideo()”)
document.getElementById(‘video’).pause();
}
function resumeVideo() {
console.log(“resumeVideo()”)
document.getElementById(‘video’).play();
}
function startVideo() {
var video = document.getElementById(‘video’);

navigator.mediaDevices.getUserMedia({ audio: true, video: { facingMode: “user” } })
.then(stream => video.srcObject = stream)
.catch(err => console.log(err.name + “: ” + err.message));
}
function diffVideo() {
var video = document.getElementById(“video”);
var prevImage = new Image;

setInterval(function () {
var canvas1 = document.getElementById(“canvas1”);
var ctx1 = canvas1.getContext(“2d”);

var canvas2 = document.getElementById(“canvas2”);
var ctx2 = canvas2.getContext(“2d”);

var canvasDiff = document.getElementById(“canvasDiff”);
var ctxDiff = canvasDiff.getContext(“2d”);

var img1 = ctx1.getImageData(0, 0, canvas1.width, canvas1.height); // 1をimg1へ
ctx2.putImageData(img1, 0, 0); // 1をcanvas2へ
ctx1.drawImage(video, 0, 0, canvas1.width, canvas1.height); // video を1へ
img1 = ctx1.getImageData(0, 0, canvas1.width, canvas1.height); // 1をimg1へ
var img2 = ctx2.getImageData(0, 0, canvas2.width, canvas2.height); // 2をimg2へ

var dst = ctxDiff.createImageData(canvasDiff.width, canvasDiff.height);

for (var i = 0; i < img1.data.length; i = i + 4) {
var f1 = ~~((img1.data[i] + img1.data[i + 1] + img1.data[i + 2]) / 3);
var f2 = ~~((img2.data[i] + img2.data[i + 1] + img2.data[i + 2]) / 3);
var d = Math.abs(f2 – f1) > 40 ? 255 : 0;
dst.data[i] = dst.data[i + 1] = dst.data[i + 2] = d;
dst.data[i + 3] = img1.data[i + 3];
}

ctxDiff.putImageData(dst, 0, 0);
}, 1000 / 30);
}
</script>

<h1 id=”msg”>Camera 動き検出</h1>

<div>
<video id=”video” autoplay></video>
</div>
<div>
<button onClick=”startVideo()”>Start Video</button>
</div>
<div>
<button onClick=”diffVideo()”>Diff Video</button>
</div>

<div>
<canvas id=”canvas1″></canvas>
</div>

<div>
<canvas id=”canvas2″></canvas>
</div>

<div>
<canvas id=”canvasDiff”></canvas>
</div>
</body>

</html>

Video データ処理

<!DOCTYPE html>
<html lang=”en”>
<head>
<meta charset=”UTF-8″>
<meta name=”viewport” content=”width=device-width, initial-scale=1.0″>
<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”ie=edge”>
<title>Document</title>
</head>
<body>
<script language=”javascript”>

function changeColor(newColor) {
var elem = document.getElementById(‘h1’);
elem.style.color = newColor;
}
function drawVideo(){
var video = document.getElementById(“v”);
var canvas = document.getElementById(“c”);
canvas.getContext(“2d”).drawImage(video, 0, 0, 480, 270);

}
function drawVideoBW(){
var video = document.getElementById(“v”);

setInterval(function(){
var canvas = document.getElementById(“c”);
var ctx = canvas.getContext(“2d”);
ctx.drawImage(video, 0, 0, canvas.width, canvas.height);

var src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height);
var dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height);

for (var i = 0; i < src.data.length; i=i+4) {
var y = ~~((src.data[i] + src.data[i + 1] + src.data[i + 2])/3);
src.data[i] = src.data[i+1] = src.data[i+2] = y;
src.data[i+3] = src.data[i+3];
}

ctx.putImageData(src, 0, 0);
}, 1000/30);
}
</script>

<h1 id=”h1″>Video 白黒化</h1>
<button onclick=”changeColor(‘blue’);”>blue</button>

<div>
<video id=v preload=’none’ onclick=’this.play();’ controls>
<source src=’test2.mp4′>
</video>
</div>
<div>
<button onClick=”drawVideo()”>Draw Color</button>
</div>
<div>
<button onClick=”drawVideoBW()”>Draw BW</button>
</div>
<div>
<canvas id=”c” width=”320″ height=”180″></canvas>
</div>
</body>
</html>

Windows 10 でバックアップでエラー

Windows 10 のバックアップでエラーが出ているのに気が付きました。

コントロール パネル→システムとセキュリティ→ファイル履歴→詳細設定
→ファイル履歴イベントログを開いて最新のイベントまたはエラーを表示


ここで、次のエラーが出ています。

構成 C:\Users\xxx\AppData\Local\Microsoft\Windows\FileHistory\Configuration\Config でユーザー ライブラリの変更のスキャンと変更されたファイルのバックアップを実行できません

コントロール パネル→システムとセキュリティ→ファイル履歴→除外するフォルダーで、お気に入り C:\Users\xxx を除外することにより、エラーが解消しました。

コントロールパネル→システムとセキュリティ→ファイル履歴 で、ファイルが最後にコピーされたのは・・・に日時が正しく記録されていればOKです。

ファイルをバックアップから戻すには、コントロール パネル→システムとセキュリティ→ファイル履歴→個人用ファイルの復元 から


または、Explorer から、復元したフォルダーを右クリック→以前のバージョンの復元 から